忍者ブログ
右折して左折して挫折して・夏
aim
某広告代理店Dに就職決まった大学4年生が、日々の雑感をカタチにしていくっていうね、ブログ。
Profile
HN:
徹子・黒柳
年齢:
30
性別:
男性
誕生日:
1986/12/24
職業:
法学部生
趣味:
猥談
Counter
Recent Entries
happy set
あわせて読みたいブログパーツ
access
kefirist@yahoo.co.jp
[PR]
2017/08/22(Tue) 00:35:29
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

I got Lei'd in.
2009/03/25(Wed) 15:35:04
卒業式の朝は、入学式の朝を思い出す。

ダッサイダボダボのスーツを来て地下鉄に乗り、
会場で隣に座ったイキイキしてる人に話しかけられた。
今日は4年間一緒に過ごしてきた友人達が隣に座っていた。
それって結構素敵なことだ。

18歳の自分と
22歳の自分

人に自分勝手な感傷を語るのは好きじゃないが
一人のときは少し感傷に浸ってもいいかなとも思う。


祝賀会では、1年生のときに付き合ってた子から
「よく卒業できたね〓」
と声をかけられた。
ですよね。

一通り挨拶を済ませ、一緒に写真を撮り、
祝賀会を早々に抜け出し、家に帰ってきた。
まだあまり片付いてない部屋。
部屋の壁は黄色い。

「きっとまた会おうね」なんてナンセンスだ。
会うべき人には自然に会うし、会わない人には自然に会わない。



4年間なんてあっとゆーまだ。
僕は親に学費を出し続けてもらったこの4年間で、何を得たんだろう。

少しマシなスーツ選びくらいはできるようになったことが、何かのメタファだ。



新生活に踏み出すとき、人は何を感慨に思うのだろう。

卒業式はみんな笑顔だ。
それは、きっと何かの裏返しだ。


アメリカでクラブに行ったときも思ったけど、貴重品は時に邪魔になる。
いろいろ気をつけて、無邪気に楽しめなかったりするし、
ホテルの部屋に置いてかなきゃいけなかったりする。
その場所が危険であればあるほど、身軽な方が楽だ。
だけど、人は貴重品を持ちたがるし、手放したがらない。
どうにかして所有し続けようとする。だから辛いし面倒くさい。
僕も例外ではない。



何も惜しむことはない。
貴重品を所有し続けられるかどうかは、その人次第だ。

やってみたいことはあるけれど、やり直したいことはない。


明日からはジェットコースターだ。
ただ座席に座って、叫ぶべきところで叫べばいい。
貴重品はちゃんと抱えていなきゃいけないし、誰と乗るかは多分に重要で、
どのジェットコースターに乗るかも多分に重要だけれども。


僕は何も怖くない。
人生にそもそもそんなに意味なんてない。


アフターオール、両親、友人達、ありがとう。



今日、仙台は雪が舞ったんです。
PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
MAIL
URL
MESSAGE
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題
卒業おめでとう☆
会うべき人には自然に会うし、会わない人には自然に会わない。
めちゃ同感です。
ひろみ 2009/03/25(Wed)20:40:59 編集
無題
センスのある文章書くね♪
自称ブログイケメンの彼や彼と違ってww
さてふ@時間は何かを変えてしまったかもしれません 2009/03/26(Thu)12:27:18 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

Designed by A.com